カナダ最大人口、企業も多い、オンタリオ州トロントで転職

カナダのトロントは、日本人が多く住んでいる地域の一つとして挙げられます。日本の食料品などが販売されている商店や、日本食のレストランなどもたくさんありますから、トロントに住んでいれば日本人が不便を感じることはあまりないでしょう。

トロントのあるオンタリオ州には、日本人の駐在員がたくさん住んでいて、特に家族でカナダに来ているという方が多い傾向にあります。

そのため、駐在員のお子さまに向けた日本語での補習授業校も設置されていて、家族で住みやすいエリアだと言えます。

カナダには日本人が結構住んでいるとは言っても、隣のアメリカ合衆国と比べますとその数は少ないので、日本人の子供だけが通ういわゆる「日本人学校」というのは設置されていません。現地に住んでいる子どもたちは、地元の子どもが通っている学校に同じように通い、日本語での勉強に関しては補習授業校に通うという教育の受け方をしているのが一般的です。

もちろん、一人でカナダで就職・転職を考えているという方にもトロントはオススメのエリアですから安心してください。他の地域に比べても治安も良好ですから、誰でも住みやすいところなのです。
あとは、エリアごとの家賃を比較してみたり、買い物や食事など毎日の生活で必要なお店がどのあたりにあるのかなどをチェックしてみて、住みやすい場所を決めていくと良いでしょう。
まったく日本人がいない環境で挑戦したいのか、それともある程度日本人が集まっていて安心して暮らせる環境が良いのかというのは人それぞれ違いがあると思います。

日系企業、日本人も多いバンクーバーで転職を実現する

カナダ全体の中で、いちばん日本人が多く住んでいるというところが「バンクーバー」です。日本人だけではなく、その他の国籍の外国人居住者もとても多いので、日本人(アジア人)だからといって何かしらの差別を受けたり、偏見を持たれたりすることも少ない地域だということが言えるでしょう。

ただ、気をつけていただきたのが、大都市であるからこそ地区によっては治安が悪いところもありますので、そういったところを居住区に選んでしまって事件や犯罪に巻き込まれないようにしてほしいということです。
以前はバンクーバーの中でもパウエル地区というところが日本人居住区として知られていて人気も高かったのですが、今現在では治安が悪化して日本人はほとんど住んでいませんので、常に新しい情報を入手するということも大切です。

カナダで就職・転職をするにあたって、家族と一緒にカナダに引っ越してくるというケースもあるかと思いますが、バンクーバーには他の国の日本人学校のように規模は決して大きくはないのですが補習授業校が設置されていますので、日本人向けの義務教育を受けることが出来ます。ですので、お子さまがいても安心です。

日本人がたくさん住んでいるということで、日本食のレストランや日本の物を扱っているお店などもありますので、生活をする上での不便さというのはあまり感じないはずです。
会社などもたくさんありますから、カナダで就職・転職するにあたっては、まずはバンクーバーのエリアをチェックしてみると良いかと思います。

専門知識を持っているとカナダで転職するのに有利

カナダで就職・転職をしたいという場合には、どのような業界、業種で仕事をするのかによって待遇なども違ってきますから、まずはご自身が持っている資格だったり、知識などが活用できるかどうかということを確認しておく必要があります。
カナダでは、IT関連やバイオテクノロジー関連、さらには航空宇宙産業などに力を入れている状態ですから、今まで日本でこういった関係の仕事をしてきたという方、学校で専門知識を学んできたという方、などですとカナダで就職・転職をする際にとても優遇される傾向にあります。

カナダ国内での雇用というのは、やはり現地のカナダ人の採用を優先することになりますから、誰でもできるような簡単な仕事ですとあえて日本人を採用することはせずに、現地人の採用になります。これは、国内の雇用を守るという制度が設けられているためです。

そのため、就労ビザを取得してカナダで就職・転職をしたいという場合には、カナダ人ではできない日本人だからこそできるというメリットのある仕事だったり、専門的な知識を持っているために他の人には任せることができない、というような仕事でしたら現地採用だとしても十分に雇ってもらえる可能性はあるのです。
たとえば、カナダに旅行に来た日本人のお客さんを相手にする観光ツアー会社だったり、本格的な日本食を提供したいと思っているレストランが板前さんを募集していたり、といったようなケースは決して少なくはありません。