カナダでの転職を実現するために知っておきたい面接での注意点

カナダで働くためには、日本で働く時と同様に面接を受ける必要があります。日本との違いとしては、それが英語で行なう必要があるということがあります。

また、日本では自分の能力を謙遜するということが一般的ですが、カナダで働こうとするのであれば、しっかりとアピールしなくてはなりません。

志望動機を語る際には、事前に準備をするということは必要となりますが、用意した文言を暗記するのは避けるようにしましょう。

カナダでの就職を目指し、面接を乗り切るためのコツとしては、働きたい企業のことをしっかりと調べるということがあります。求人があったポジジョンについて、分析をし、自分に何が求められているのかを理解することが大切です。

注意点としては、外国人のように振る舞う必要はないということです。思ってもいないことを発言したり、自分を取り繕うような発言は、相手に違和感などを与える可能性があります。オーバーリアクションは、時としてマイナス要因になりますので、注意が必要です。

自分自身のこと、企業のこと、働こうとする業界のことを把握することで、自ずと良い結果を得ることが出来るでしょう。

分析した結果については、分かりやすくプレゼンテーション形式でまとめてみると良いでしょう。ただ単にまとめるよりも、声に出して確認することで、知識として定着させることが出来ます。なお、プレゼンテーションの時間は5~10分と短時間にすることがポイントです。

なお、カナダ転職エージェントに支援してもらい、面接で聞かれる質問等を事前に把握しておくと有利になることは間違いないでしょう。