日系企業、日本人も多いバンクーバーで転職を実現する

カナダ全体の中で、いちばん日本人が多く住んでいるというところが「バンクーバー」です。日本人だけではなく、その他の国籍の外国人居住者もとても多いので、日本人(アジア人)だからといって何かしらの差別を受けたり、偏見を持たれたりすることも少ない地域だということが言えるでしょう。

ただ、気をつけていただきたのが、大都市であるからこそ地区によっては治安が悪いところもありますので、そういったところを居住区に選んでしまって事件や犯罪に巻き込まれないようにしてほしいということです。
以前はバンクーバーの中でもパウエル地区というところが日本人居住区として知られていて人気も高かったのですが、今現在では治安が悪化して日本人はほとんど住んでいませんので、常に新しい情報を入手するということも大切です。

カナダで就職・転職をするにあたって、家族と一緒にカナダに引っ越してくるというケースもあるかと思いますが、バンクーバーには他の国の日本人学校のように規模は決して大きくはないのですが補習授業校が設置されていますので、日本人向けの義務教育を受けることが出来ます。ですので、お子さまがいても安心です。

日本人がたくさん住んでいるということで、日本食のレストランや日本の物を扱っているお店などもありますので、生活をする上での不便さというのはあまり感じないはずです。
会社などもたくさんありますから、カナダで就職・転職するにあたっては、まずはバンクーバーのエリアをチェックしてみると良いかと思います。