カナダでの転職活動を成功させる、正しいカバーレターの書き方

カナダで就職をしたい方にとって、非常に重要になってくるのがカバーレター書き方です。

カバーレターはいわゆる履歴書のカバーのようなもので、書類選考や面接の担当者が最初に見る顔のようなものなので、印象がすべて決まってしまいます。

特にカナダの企業ではカバーレターの印象がすべてを決めると言っても過言ではありません。できるだけ履歴書と同様に自己PRが必要です。大手企業になればなるほど一件の履歴書に対する時間が短くなります。1件につき10秒という企業もカナダでは少なくありません。

そんな中でいかに担当者の目に留まる書類を作れるかはその就職活動が上手くいくかの最大の壁と言えます。

そこでカバーレターの印象の良い書き方を紹介します。まず、サイズですが、履歴書と同じサイズにします。枚数は必ず1枚以内にしましょう。書く項目の順番としては、住所、日付、宛名、書き出し、本文、結び、署名の順番に書きましょう。本文では、履歴書の中から特に担当者に伝えたいことをピックアップしてください。

さらに就職をしたい企業に対して、自分がいかにふさわしい人材であるかを書きましょう。その為には、英語の表現力が必要になってきます。最後に結びで大切なのが、大切な時間をいただいてありがとうという気持ちと面接を依頼する事です。必ず結びには感謝の気持ちを表しましょう。書類を作成し終わったら必ず一項目ごとにケアレスミスがないかをチェックをして提出しましょう。

書類はカナダ転職エージェントに目を通してもらい、問題ないかチェックしてもらうとなお良いものが出来上がります。